抜け毛と喫煙の関係

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!

抜け毛と喫煙が関係していると大々的にテレビなんかで言ってくれると喫煙者が減るだろうな〜

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000789-reu-ent

アジア人の男性は白人男性と比べて一般的に遺伝的な頭髪の悩みを抱える割合が少ないが、喫煙によりその差が縮まる可能性があるという。台湾の研究チームが19日に発表した。
 同チームでは、平均年齢65歳の台湾の男性740人を対象に調査。その結果、1日に20本以上のたばこを吸った場合、喫煙が抜け毛の発生に重要な役割を果たしていることが分かった。喫煙は、毛包を破壊したり、頭皮内側の血液やホルモンの流れを阻害、またはエストロゲンの生成を増加させたりする可能性があるという。
 同研究結果は、皮膚科学専門誌の11月号に掲載されており、抜け毛の兆候が現れた男性に対し、その進行を妨げるために喫煙の影響に気をつけるよう提言している。

抜け毛予防@

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!
抜け毛予防のための洗髪方法

抜け毛を予防するためには、洗髪の方法にも気をつけましょう。
洗髪というと、髪の毛をもみ洗いすることと思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、抜け毛の予防に役立つ洗髪の方法は、頭皮を、指の腹で、爪を立てないように気をつけながら、マッサージするように丁寧に洗うことを言います。

頭皮は、新陳代謝によって毛穴から出る皮脂、皮膚の細胞分裂ではがれ落ちた表皮のアカなどで汚れています。それを綺麗にするためには、髪の毛だけではなく、頭皮をしっかり洗浄することが最も大切です。

きちんとした洗髪の方法で、頭皮を清潔に保ち、抜け毛の予防をしましょう。また、抜け毛の原因になるフケが出ないように、洗髪の後は、丁寧に洗い流すように心がけることが大切です。

抜け毛が気になる年齢で・・・

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな

男性はやはり50代から抜け毛も気になるし結婚への意欲も無くなるのかな〜

引用【iza】

結婚への意欲が薄れる節目は男性が50歳、女性が40歳−。こんな結果が明治安田生活福祉研究所が22日までにまとめた「30〜50歳代未婚者の生活設計に関する意識調査」でわかった。
 調査は3月、30〜59歳の未婚男女1763人を対象にインターネットを通じて実施。1316人から回答があり、正規就労と非正規就労に分けて集計した。
 それによると、結婚への意欲では、男性(正規就労)の場合、40代までは7割前後が結婚に前向きな姿勢を示すが、50代前半で約4割と大幅に低下。これに対し、女性(同)は30代までは7割強が前向きだが、40代前半で約半数、40代後半で3割強と低下。非正規就労でも男性で50歳、女性で40歳を境に同様の傾向が見られた。
 また、自分名義の住宅(マンションを含む)の所有率を40〜50代に限定して尋ねたところ、男女とも正規就労では3割強、非正規就労でも2割弱がマイホームを所有していた。非正規については、親からの相続で取得したり遺産で購入したケースが多いとみられる。
 調査結果について同研究所は、「女性は早い時期に『一生独身』と覚悟を決めて生活設計を立てているのに対し、男性は結婚への未練を引きずった格好になっている」などと分析している。

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな

抜け毛の対処法〜その3

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では3回にわたって抜け毛の対処法を説明してきました。今回が3回目です。

外科的手法
美容外科手術の一種で、植毛手術と呼ばれているもので抜け毛対策できます。

人工毛移植手術

頭皮に人工毛を挿入する美容外科手術です。
自毛移植手術と異なり、移植本数に制限がなく、全禿げでも施術可能という利点はありますが、人体に異物を挿入する手術であるため、免疫拒絶反応により頭皮が炎症を起こす可能性があります。
また、人工毛は成長せず、生えかわることもないので、抜け落ちてしまえば再手術が必要になってきます。

自毛移植手術

自分の毛髪を脱毛箇所に移植する美容外科手術です。
自分自身の組織を移植するため、免疫拒絶反応が起こらない安全性の高い手術で、また本物の生きた毛髪であるため、日々成長し続け、抜けてもまた生えかわり、一度手術をした後は手がかかりません。

男性型脱毛症では、抜け毛を起こすのは頭頂部と前頭部であり、後頭部の毛髪は生涯脱毛を起こすことはありません。
この毛根の性質は遺伝子的に決まっているものであるため、人体の他の場所に移植しても変わることがなく、毛が生え続けます。
この性質を利用して、後頭部の毛髪を、毛根と周囲の皮膚ごと脱毛箇所に移植すると、移植した毛髪は生涯毛を生やし続けます。
これが自毛移植手術です。

しかし近年、移植元となる毛髪がある皮膚(ドナー)を毛髪2〜3本ごとの小片(グラフト)に株分けして、禿げている箇所に分散配置するマイクログラフト法が開発されました。
この方法では、ドナーの皮膚で脱毛箇所を置き換えるというよりも、グラフトの毛髪を成長させて脱毛箇所を覆い隠すという考え方になります。
さらに数千本の毛髪を一度の手術で移植するメガセッションが可能になったことで十分な密度を得ることができるようになり、黄色人種への施術ができるようになりました。
日本でも、米国で高い評価を受けているNHTクリニックの技術を導入した紀尾井町クリニックが1998年に東京で開業して以来、自毛移植手術が徐々に広まってきています。

現在の医学では、自毛移植手術が脱毛症の最終的解決手段と考えられるが、下記のような問題点があるので気をつけましょう。

○費用が高額
移植毛の株分けや、移植箇所への植え込みには、特別な訓練を積んだ医師と看護師のチームが必要であり、人件費からして高額になってしまいます。
また病気の治療ではないため健康保険は適用されず、全額自己負担の自由診療になり費用は高額です。
しかし一旦手術をすれはそれ以降の出費は一切ないため、長期的に見るとかつらや増毛よりも割安感はあります。

○頭皮に傷がつく
移植元の頭皮はドナーを切除した後に縫合し、移植先の頭皮には器具で穴をあけてグラフトを挿入します。
刃物で頭皮を傷つけるので、ドナーを切除した箇所は線状痕に、グラフトを挿入した箇所は凸凹になってしまいます。
手術技術が向上したため、見た目にもわかるほどの傷や凸凹ができることはなくなりましたが、触れば判る程度の凸凹ができることは避けられません。
このため、頭垢がたまりやすく、スキンヘッドにはできなくなる、といった問題が発生しています。

○手術可能な毛髪量が限られる
ドナーを切除した箇所は縫合するため、ドナーを取りすぎると頭皮が突っ張ってしまいます。
ドナーにできる毛髪量は体質によって異なるが、生涯で約1万2千本と言われています。

なお、費用以外の問題は、幹細胞培養による毛髪のクローニングが実用化されれば解決されると言われていますので数年後が楽しみですね。

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!で3回にわたり抜け毛の対処法について、まとめてみました。

抜け毛の対処法〜その2

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では、抜け毛の対処法について3回にわけて説明していきます。

抜け毛の対処法

剃髪
スキンヘッド
中途半端に毛髪が残るから悩むのだと考え、完全に毛髪を剃り落としてしまう方法ですね。
一番シンプルで費用がかからず、他の方法のような二次的な難点が一切無いため、スキンヘッドにする人が多いですね。
抜け毛の問題が見た目よりもむしろ本人の精神面にあることを思えば究極の解決方法とも言えます。

しかし、スキンヘッドには
○頭の形が不格好だったり、頭皮に傷がある人はやりにくい
○頭部を保護する毛髪がなくなるので、頭皮を傷つけやすくなり、冬 場は寒い
○暴力の象徴と見る地域があり、非難の目で見られることもある
 といった問題点も発生します。

器具による対処法としては

鬘(かつら)
かつらは、人工毛または人毛によりヘアスタイルを作って、頭部に着用する器具のことです。
抜け毛の見た目の改善には絶大な威力を発揮し、全禿げの場合は唯一の対処手段でありますが、下記のような問題点があります。

メンテナンスに多大な費用がかかる
以下の理由により、かつらの維持費用は年間50万円程度と言われています。
○かつらはオーダーメイドであるため、一つの製作に数十万円の費用 がかかる。
○かつらは磨耗するので通常、磨耗を防ぐため2個以上製作して交換し ながら使用しないといけない。
○磨耗が進むと、残っている髪の毛と整合が取れなくなるため、作り 直す必要がある。そのため、かつらの寿命は2年間と言われてい   る。
○かつらの毛は伸びないが、残っている髪の毛は伸びる。そのためか つらとの整合が取れなくなるため、一般の理髪店より高額な専門の 理髪店で整髪をする必要がある。
○かつら自体が悩みになる

かつらにより見た目は改善されるが、かつらをしていることがバレるのではないかという別の悩みを抱え込むことになる。
これが鬘をしている人の一番の悩みだと思います。

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では次回も抜け毛の対処法〜その3として書いていきます。

抜け毛の対処法〜その1

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では今回、抜け毛の対処法について書いています。

抜け毛、特に男性型脱毛症は病気ではないため、対処するか否かは本人の希望によってわかれてきます。
もし抜け毛が悩みとなり、他の事に影響を及ぼす可能性がある場合には、何らかの方法で対処するのも一つの選択肢ではあると考えます。その場合、悩みを解決するために最適な方法は何かという観点から対処法を選択することが望ましいですね。

増毛
増毛とは、残っている毛髪に人工毛を接着して、見た目の毛量を増やす施術のことです。
当然ながら、接着した毛髪が伸びれば人工毛を付け直さなければならないし、接着した毛髪が抜けてしまえば人工毛も抜けてしまうので、常にメンテナンスが必要になっていきます。

技術的には美容院や理容室で行われているヘアーエクステンションと全く同じものですが、脱毛者向けに営業しているヘアサロンが実施する増毛はヘアーエクステンションよりもはるかに高額な料金を設定していることもあり、注意が必要です。

育毛剤
様々な育毛剤が市販されていますが、医学的に発毛作用が確認されている薬品は以下の2種類のみです。

ミノキシジル(商品名ロゲイン、リアップ)
頭皮にふりかける外用薬で、もともとは高血圧の治療薬として開発された薬で、血管拡張作用によって発毛を促すといわれていますが、メカニズムには不明な点が多いです。
頭髪だけでなく、全身の毛を増やす作用があります。

フィナステリド(商品名プロペシア)
内服薬で、頭皮における男性ホルモンの作用を抑制し、脱毛を防止するとともに発毛を促します。
アメリカの製薬会社メルク社が開発したもので、日本でも、メルク社の100%子会社である万有製薬が2005年10月11日に厚生労働省の承認を受け、自由診療(保険外診療)として医師の処方箋に基づいて使用できるようになりました。
しかしこれらの薬品も効果があるかどうかは体質次第であり、人によっては一層脱毛が進むこともあるようです。
また効果があったとしても使用を続けなければ元に戻ってしまうため、脱毛の解決手段とは言い難いのも事実です。

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では、次回も抜け毛の対処法その2で
抜け毛の対処法について書きたいと思います。

抜け毛の種類

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では、まず抜け毛の種類について調べていきます。

抜け毛と一口で言っても、男性型脱毛症と脂漏性脱毛症、老人性脱毛症、円形脱毛症、制癌剤の投与などが原因の薬物脱毛症、瘢痕性脱毛症、出産後に起こる産後脱毛症とたくさんあります。
また、精神疾患による抜毛症もあります。

男性型脱毛症とは
男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛が抜け落ちてしまいます。
そのため、これは正常な生理的現象であると解釈して、病気としては扱われません。
医学的対処も行われていますが、医薬品は生活改善薬の一種であり、外科的手法は美容外科手術の一種になります。
病気の治療ではないので健康保険は適用されませんので費用がかかります。

抜け毛は、皮膚内の毛髪の形成部分に酵素5α-リダクターゼの働きによって男性ホルモンである「テストステロン」から生成された「ジヒドロ・テストステロン」という物質が作用し、毛髪の成長を妨げた結果としてうぶ毛しか出来なくなることによって起こるものといわれています。
男性型脱毛症が始まる年齢は人によってまちまちです。
早ければ10代後半から始まることもあるし、遅い人は60代から始まる人もいます。
20代までに始まる男性型脱毛症は若年性脱毛症として区別することがあります。
また、近年女性にも男性型脱毛症を発症する人が増えてきました。
女性の男性型脱毛症は頭頂部を中心に広い範囲が薄くなるもので、一般的な男性型脱毛症とは薄くなりかたは違いますが、症状は同じものみたいです。

アジアでは、若ハゲは昔から軽蔑される風潮があります。
特に近年はカツラ業界や育毛剤業界が盛んにテレビコマーシャルを流しており、若年性脱毛症を深刻な悩みの原因とする若い男性は自分もそうですけど多いです。
そのように人の劣等感を煽り立てて商売をするいわゆるコンプレックス産業のあり方を疑問視する声もあります。
欧米では、若ハゲでも何も問題無いのに日本やアジアの他の国では気にしすぎだと思いますが・・・

抜け毛対策〜抜け毛に負けるな!では次回抜け毛の対処法について書いていきます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。